あらすじ

ある日突然、妖怪を見る能力に目覚めた高校生・芦屋花繪(あしやはなえ)は、
モジャモジャした妖怪に取り憑かれたことがきっかけで、
妖怪祓いを営む「物怪庵(もののけあん)」の奉公人になることに…。

芦屋を雇ったのは、どこか不機嫌そうな物怪庵主・安倍晴齋(あべのはるいつき)。

しかし、クールで冷静な安倍と、想定外の行動を取りがちな芦屋は、
水と油のような存在。

妖怪たちとの出会いを通しながら変わっていく二人の関係を、
それぞれの視点で物語る。